CSR/SDGs

CSR(SDGs)

Janisがめざすサステナビリティ

「人にやさしい快適な生活環境づくりに貢献する」これが私たちの使命です。 ジャニス工業は、企業として成長するだけでなく、国際社会の一員として、ステークホルダーのみなさまと共に、衛生陶器事業を通じ社会課題の解決や全ての人々が幸せになるサステナブルな社会を実現します。

社内浸透の取り組み

ジャニス工業は、自社事業とSDGsとの関連について、各組織のミッションやISOの取り組み等に紐付けることで、普段の業務と密接に関係していることを全従業員に対し意識付けを行っています。また、経営層から一般社員まで幅広い従業員を対象に社内報を通じて浸透を図っています。

活動指針とSDGs

お客様にとって

真の満足が得られる品質と商品を常に追及し提供します。

私たちは、毎日使うものだからこそ、日々のお手入れを簡単に 清掃性にこだわります。
お掃除をする人は、限られた誰かではなく 使う人みんなでなければなりません。
「フロントスリム」「すっきりサイドデザイン」などで家事負担を少なくします。

株主様にとって

安定的な業績を確保し、株主様の理解と満足が得られるようにします。

私たちは、お客様に満足いただける高品質で魅了的な商品を提供し続けます。
そして継続的な成長と業績を確実なものにします。

従業員にとって

仕事を通して、感動を味わえるやりがいのある職場づくりをめざします。

私たちは、お客様の声を大事にし、生産活動を進めます。従業員には、教育・学習の機会を提供します。
仕事の成果を公平に評価し、適切に処遇することで、従業員が自らの成長を実感できる仕組みを作ります。

社会にとって

安全と環境を最優先にし、良き市民として、社会の発展に貢献します。

私たちは、「環境・品質方針」に基づき生産・開発を行い商品を提供します。
商品は、ロングライフを意識し、節水・節電・節湯等環境に配慮した商品を作ります。
分別リサイクル可能な商品を設計し廃棄物を低減することで限りある資源を守り、環境負荷を低減します。
そして、生産から廃棄までのCO2を削減します。

持続可能な開発目標(SDGs)への取り組み

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS